2019年は亥(イノシシ)の年ですね。

干支で言いますと「己亥(つちのとい)」の年です。

年が改まって早速、イノシシのご利益を受けようと思っておられる方も少なくないのでは?

特に亥年生まれの方は、ぜひイノシシをお祀りされている神社仏閣に参拝されて今年一年の健康や安全を祈願されると良いですね。

今回は、神社仏閣が多い京都のイノシシを祀る神社仏閣を調べてみました♬

Sponsored Links

京都のイノシシにゆかりの神社とお寺

京都でイノシシに関連する神社・仏閣でまず挙げられるのが、京都御所の近くにある護王神社と八坂神社の近くにある禅居庵です。

本来イノシシは動物ですので、神様や仏様ではありません。

しかし、護王神社の場合はイノシシが人間を助けたので祀られるようになり、また禅居庵の場合は、摩利支天という護法神のお使いとしてイノシシが登場しますのでいつの間にか摩利支天と一体になって考えられるようになったのかもしれません。

護王神社(ごおうじんじゃ)

出典:https://twitter.com/kyoto_gooujinja

御所の蛤御門の斜め向かいにある神社で、京都では「足腰の神社」として有名です。

写真でお分かりのように、門の上からは「足腰守護」という文字とともに足型が描かれた幕が垂れ下がっていますね。

主祭神は平安京遷都に際して貢献した和気清麻呂(わけのきよまろ)とその姉の和気広虫姫です。

🌸イノシシとの関係は?

奈良時代、孝謙天皇に代わって権力を持っていた道鏡が、天皇の死後は自分自身が天皇の地位に就こうと画策をしていました。

これに対して和気清麻呂が阻止しようとしたため、道鏡は和気清麻呂の足の腱を切って歩けなくした上、九州に流刑しようとしました。

九州に向かう途中、道鏡によって差し向けられた刺客によって襲われましたが、突然山の中から現れた300頭ものイノシシが和気清麻呂を守って道案内をしました。

その後、和気清麻呂の足は治り、立って歩くことができるようになりました。

といった伝説から、「イノシシ=足腰にご利益がある」と考えられるようになったようです。

 

🌸住所:京都市上京区烏丸通下長者町下ル桜鶴円町385

🌸アクセス

  • 地下鉄烏丸線 「丸太町駅」下車、徒歩5分
  • 市バス「烏丸下長者町」バス停下車、すぐ

🌸参拝時間:午前9時~午後5時

 

境内には狛犬ならぬ「狛猪」や、イノシシの手水舎や屋根の上にも・・・。

出典:https://twitter.com/mami_kubushimi

出典:https://twitter.com/OhuraSyundo   twitter.com/kyoto_ishiya

出典:https://twitter.com/reilosi0210

おみくじも可愛い~(#^.^#)  マシュマロみたい~♫

出典:https://twitter.com/InstaKyoto

 

愛宕神社

出典:https://twitter.com/LIVEFRE36223013

全国で約900社を数える愛宕神社の本宮として、愛宕山の山上に鎮座されています。

古くから、火伏・防火に霊験があるとして信仰され、関西では多くの家の台所や調理場に「火迺要慎」と書かれた紙のお札が貼られています。

ふもとから愛宕山山頂の愛宕神社まで片道約5kmほどの距離ですが、山道ですので、それなりにハードですし、服装もトレッキング・スタイルがお勧めです。

特に、本殿までの階段がしんどいです・・・。

江戸時代には愛宕信仰が盛んで、月参りが当たり前のようにされていたそうです。

(こんな山道を着物姿で登っていたの?って不思議に思いますけど・・・)

今でも毎年8月1日にお参りすると1,000日間お参りしたのと同じ功徳がいただけるとして、7月31日の深夜から8月1の早朝にかけて愛宕神社にお参りする人たちが多くおられます。

🌸イノシシとの関係は?

上記の護王神社の主祭神である和気清麻呂が、京都の鎮護のために愛宕山に愛宕神社を創設したことにちなみ、和気清麻呂を助けたイノシシを神の使いとして信仰の対象にされています。

🌸住所:京都市右京区嵯峨愛宕町1

🌸アクセス

  • 京都バスで「清滝バス停」下車、徒歩約90分~120分(約5km)

🌸参拝時間:午前9時~午後4時

 

御朱印帳にイノシシの絵が描かれていますよ。

このイノシシの上に乗っているのは和気清麻呂ではなく、太郎坊という天狗ですが・・・。

出典:https://twitter.com/atagojinjya

イノシシの根付や土鈴等も授与されていますよ。

 

建仁寺 禅居庵 摩利支天堂

 

京都の花街、祇園街にある禅宗のお寺、建仁寺の塔頭(たっちゅう)の禅居庵の境内にある摩利支天堂にイノシシを見ることができます。

禅居庵自体は普段は非公開ですが、摩利支天堂は自由に参拝することができます。

禅宗のお寺では本堂のご本尊とは別に境内に天災地変等の災難から守護するために、仏教の守護神である天部の神様を祀りますが、禅居庵では摩利支天(まりしてん)をお祀りしています。

摩利支天は、古代インドの神様で、陽炎の光が神格化した神様とされています。

日本では護身や蓄財などの神として信仰され、特に戦国武将から厚く信仰されてきました。

禅居庵の摩利支天像は「日本三大摩利支天(金沢の宝泉寺・東京上野の徳大寺・禅居庵)」の1つで、700年近く秘仏としてお祀りされています。

🌸イノシシとの関係は?

古代インドや西アジアではイノシシはその素早さが智慧の迅速さや勇敢さをあらわすと考えられていたようで、摩利支天は、イノシシの車に乗って現れるとされています。

そのため、イノシシは摩利支天の眷属(お使い)として摩利支天ととともに信仰の対象になったものと考えられます。

🌸住所:京都市東山区大和大路通四条下る4丁目小松町146

🌸アクセス

  • 京阪本線「祇園四条駅」から、徒歩 約7分
  • 阪急京都線「河原町駅」から、 徒歩 約10分
  • 市バス「清水道」バス停から、徒歩 約10分
  • 市バス「東山安井」バス停から、徒歩 約7分
  • 市バス「四条京阪前」バス停から、徒歩 約7分

🌸参拝時間:午前9時~午後5時

 

境内には12頭のイノシシがいますので、探してみてくださいね♫

イノシシのおみくじも可愛いですよ~。

 

 

 

南禅寺 聴松院 摩利支天堂

聴松院は、臨済宗南禅寺派の塔頭。

聴松院も摩利支天をお祀りしていますので、狛犬ではなく狛猪が境内で見られます。

南禅寺と言えば、「湯豆腐」が有名ですが、聴松院の境内でも江戸時代から湯豆腐を提供していましたが、現在はされていません。

🌸イノシシとの関係は?

建仁寺の禅居庵の摩利支天堂の所でも説明させていただきましたように、摩利支天はイノシシの車(背中)に乗って移動されるということから、眷属であるイノシシも信仰の対象になりました。

🌸住所:京都市左京区南禅寺福地町86-15

🌸アクセス

  • 京都市バス「南禅寺永観堂前」下車、徒歩5分

 

本法寺 摩利支天堂

 

出典:https://twitter.com/shufuko

日蓮宗のお寺で本阿弥光悦の菩提寺であることや長谷川等伯にゆかりのお寺として知られています。

向かいに、茶道の表千家・裏千家の屋敷があり、摩利支天堂に奉納されている提灯には裏千家家元の千宗室さんや玄室さんの名前が見られます。

🌸イノシシとの関係は?

摩利支天がイノシシの車に乗って移動するため、眷属のイノシシも一緒に信仰の対象に加えられたと考えられます。

🌸住所:京都市上京区小川通寺之内上ル本法寺前町617

🌸アクセス

  • 京都市バス「堀川寺之内」バス停から、徒歩約5分
  • 京都市営地下鉄烏丸線「鞍馬口駅」から、徒歩約15分

🌸拝観時間:午前10時~午後4時

 

狛犬ではなく、狛猪がお迎えしてくれます。

出典:https://twitter.com/tompon_tw

まとめ

今回は、2019年がイノシシの年であるということで、「亥年(2019)に行きたいイノシシにゆかりの京都の神社とお寺!」と題して京都の神社仏閣について調べてみましたが、いかがだったでしょうか?

2019年が良い年であることを祈りたいですね♫

🌸最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

🌸「徳大寺(東京)はイノシシ年の初詣にピッタリ!ご利益や御朱印は?」の記事もどうぞ♬

🌸「亥年2019に行きたい猪にゆかりの神社とお寺!ご利益や御朱印も」の記事もどうぞ♬

🌸「亥の年2019は和気神社(霧島)の白猪と開運祈願!アクセスも」の記事もどうぞ♬

🌸「亥の年2019イノシシにゆかりの宝泉寺(金沢)とは?アクセスも!」の記事もどうぞ♬

🌸「八栗寺(高松)の初詣2019摩利支天の公開期間と特別御朱印とは?」の記事もどうぞ♬