2018年も、残り少なくなってきましたね・・・。

ついこの間、年賀状を出したような気がするのですけど。

年末と言えば、「年末ジャンボ宝くじ」ですね~(#^.^#)

「1等前後賞合わせてでなくても、単に1等1本だけでも良いから」なんて厚かましい空想をしながらついつい買ってしまっています。

結果は・・・。

また今年も、その空想をしながら年末ジャンボ宝くじを買ってみようという状況です・・・。

ということで、今回は、年末ジャンボ宝くじ2018について調べてみました♬

【追記 12/31】 年末ジャンボ宝くじの当せん番号が発表されましたので、下の本文で追加させていただきました。

Sponsored Links

年末ジャンボ宝くじ2018

 

出典:https://www.takarakuji-official.jp/special

販売期間や当せん金額は?

🌸販売期間:2018年11月21日(水)~12月21日(金)

🌸販売価格:1枚300円

🌸発売総額:1,440億円・24ユニットの場合(ユニット2,000万枚)

🌸購入方法:今年から、新しい購入方法が追加されました。

店頭での購入

宝くじ公式サイトでの購入

今回から「宝くじ公式サイト」からパソコンやスマホで24時間どこでもクレジットカードで購入することができるようになりました。

公式サイトから購入すると、100 円で1 ポイント1円分になる「宝くじポイント」がたまります。

🌸当せん金額

1等は7億円♫

前後賞合わせると10億円です。

等級当せん金額本数
1等7億円24本
1等の前後賞1億5,000万円48本
1等の組違い賞10万円4,776本
2等1,000万円72本
3等100万円2,400本
4等10万円9万6,000本
5等1万円48万本
6等3,000円480万本
7等300円4,800万本

今年は、昨年の当せん金額と比較しますと、全体的に「狭き門」になっている感じです。

ただ、4等の10万円が、昨年は3万5,000本だったのに対して、今年は9万6,000本となっていて、4等の6み当せん確率が高くなっています(^^♪

🌸抽選日:12月31日(月)

🌸抽選会場:東京オペラシティ コンサートホール

✤住所:東京都新宿区西新宿3-20-2

🌸抽選会&特別コンサート

今年は、抽選会だけではなく、なんと特別コンサートも開催されますよ♫

✤出演者

  • 指揮:垣内悠希
  • バイオリン:宮本笑里
  • 管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
  • ソプラノ:砂川涼子
  • メゾソプラノ:谷口睦美
  • テノール:笛田博昭
  • バス:妻屋秀和
  • コンサート司会:朝岡聡
  • 合唱:二期会合唱団、藤原歌劇団合唱部

✤プログラム

  • J.シュトラウスⅡ世 / 喜歌劇「こうもり」序曲
  • エルガー / 「愛の挨拶」
  • モンティ / 「チャールダーシュ」
  • ベートーヴェン / 交響曲第九番「合唱付き」より 第4楽章

【追記 12/31】 当せん番号が発表されました!

金額番号
1等7億円96組122234番
1等の前後賞1億5,000万円96組122233番
96組122235番
1等の組違い賞10万円1等の組違い同番号
2等1,000万円 135組 186460番
2等1,000万円 29組197327番
2等1,000万円 93組131661番
3等100万円組下一桁3組195345番
3等100万円組下一桁3組139690番
3等100万円組下一桁4組193003番
3等100万円組下一桁7組111260番
3等100万円組下一桁9組161433番
4等10万円下4桁9246番
4等10万円下4桁7311番
5等1万円下3桁823番
6等3,000円下2桁13番
7等300円下1桁2番

高額当せん者の特徴は?

高額当せんをした人たちに共通の特徴というとなかなか難しいかもしれませんが、それでも、ある程度似通った特徴を見ることができます。

いくつか調べてみました。(内容によっては重複しているかもしれませんが)

🌸宝くじを長く買い続けていること

買わないと当たるわけがないのですから、とにかくまずは宝くじを買うことですが、ビギナーズ・ラックのような方は別として、10年以上毎年買い続けていてやっと高額当せんしたという方が多いです。

10年以上も・・・と考えると少し嫌になって来ますが、気が付けば毎年買っていたというパターンのようです。

🌸当せんするという自信を持っている

高額当せん者の多くは、「自分が当選する」という自信を持っています。

なんとなく漠然とした自信の方から、「絶対に当ててやる!」という強い信念をお持ちの方までいろいろですが。

実際に、昨年の年末ジャンボで8億5,000万円を当てたある方は、偶然に見ていたテレビ番組で宝くじは当てると宣言すると良いと言っていたので、周囲の人たちに「今年中に当てる!」と宣言したところ、本当に当せんしたとのことです。

🌸こだわりを持つ

同じ売り場で買い続けるとか、占いで出たアドバイスの通りに買う場所や日時を実行するとか、何らかのこだわりを持っている方が多いようです。

あるいは、販売員の顔を見て「明るい顔」「優しそうな顔」「笑顔が素敵」等を判断して買うという方もおられます(「低額当せん者」の私も、このパターンですが・・・)

高額当せんが出る売り場だけで30年買い続けて、自分が高額当せん者の仲間入りしたという方もおられます。

最近では、独自に四柱推命の勉強をして自分の運気を占い、占った通りの日時・方角等に行って高額当せんを何回も果たしたという方がテレビに出演されていました。

ただ、四柱推命の専門家に言わせるとその方の解釈はおかしいそうですが、その方は自分の信念に基づいて実行されているわけで、占いよりもこだわり・信念が勝ったようですね。

🌸1回の購入枚数が30枚

購入枚数が多いほど当せんの確率は高くなるはずですが、案外、高額当せんされている方に聞きますと、30枚ぐらいの購入が多いそうです。

連番を30枚という方もありますが、多くは連番10枚・バラ20枚というパターンが多いようです。

🌸何らかのゲン担ぎをした時に購入する

例えば、「良い気分の時に偶然通りかかったくじ売り場で買う」とか、「神社に参拝した後で買う」とか、「掃除を済ませてから買う」といったように何らかのゲン担ぎをした後に買う方が多いようです。

🌸運気が強い時期に買う

占いで運勢の良い日時に買うというのは普通のパターンですが、特にその人の運気が良い時に買うと高額当せんの確率が高くなるようです。

実際に、昨年のハロウィンジャンボで4億円を当てた方は、ジャンボを中心に20年以上宝くじを購入されてきていて、今回の高額当せんの前にロトで少額ながらも頻繁にあたるようになっていたそうです。

この方は、ロトでの当選が続いたことにより、ご自分で今は運気が強いのだと確信されていたのでしょうね。

🌸猫を飼っている方が多い

これは宝くじ売り場の販売員の方のお話ですが、高額当せん者の多くは猫を飼っているというのです。

また実際に、昨年1億5,000万円をあてた方は本当は犬派なのに猫を飼うようになったのが高額当せんをしたのではと話しておられます。

その方の地域の宝くじ売り場で地面のコンクリートが固まる前に猫が足跡を付けてしまったところ、それ以後よく当たると評判になりました。

その方はその評判を聞いて、猫を実際に飼うようになり、今回、見事に1億5,000万円をゲットされたわけですね。

やっぱり、招き猫というぐらいですから、猫は宝くじにとって必須のペットなんでしょうかね?

 

まだいろいろと統計をとっていくとありそうですが(例えば、〇〇座の40歳代の女性とか血液型がABで60歳代のサラリーマンとか・・・)、キリがありませんね。

高額当せん者の多くが、いつかは当たるだろうというこだわりを持って購入し続けておられるようですので、私もそれに習って購入していこうかと思いました。

高額当せんした暁には、「こんなことをしていたので当たりました」と言う体験談を出したいと思います(^_-)-☆

 

まとめ

今回は、年末ジャンボ宝くじ2018について、「年末ジャンボ2018発売期間や当せん額は?高額当せん者の特徴とは!」と題して調べてみましたが、いかがだったでしょうか?

「高額当せんしたらまずは預金かな?」なんて当たりもしないのに空想にふけっているのもなかなか楽しいものではありますが、そこそこの金額ぐらいは一生のうちに当たって欲しいですね・・・。

🌸最後まで読んでいただき、ありがとうございました。