京都の善峯寺(よしみねでら)と言えば、JR東日本の「そうだ 京都、行こう」でもおなじみのお寺ですね。

善峯寺は5代将軍徳川綱吉の生母の桂昌院が庇護したお寺で、四季折々の花々もきれいなお寺としても有名です。

特に秋の紅葉の季節になりますと、山の中腹にお寺がありますので、周囲の山の紅葉も併せてきれいな風景を見ることができます。

先日、行ってきましたが、ちょうど紅葉がきれいでした。

ということで、今回は、善峯寺の紅葉の見ごろはいつまでということで調べてみました♬

Sponsored Links

善峯寺

善峯寺は、善峰観音宗(天台宗系単立)のお寺で、西国三十三所第20番札所でもあります。

平安時代の末期に創建されたお寺で、皇室関係の方が代々入山されていた為、位の高いお寺として繁栄していましたが、応仁の乱の影響で伽藍が焼失してからは長い間荒れていました。

江戸時代、5代将軍綱吉の生母の桂昌院が厚く庇護し、建物等が再興されました。

現存する建物の多くが桂昌院によって建立されたもので、また桂昌院や綱吉の遺物等の貴重な宝物が残されています。

(春と秋の季節に、宝物館が無料で開館します。

ちょうど私が行ったときも開館されていましたので見ましたが、徳川家の貴重な品々がたくさん展示されていました)

 

御本尊は、千手観世音菩薩で観音堂に安置されています。

境内は、山の中腹にあり、坂を上っていく構造になっています。

一周約30~40分かかっての拝観になります。

 

🌸拝観時間:午前8時~午後5時(受付終了は4時45分)

🌸拝観料:500円

住所やアクセス

🌸住所:京都市西京区大原野小塩町1372

 

🌸アクセス

✤JR「向日町駅」から阪急バス(66番:善峯寺行)で、終点「善峯寺」バス停下車、徒歩5分

✤阪急「東向日駅」から阪急バス(66番:善峯寺行)で、終点「善峯寺」バス停下車、徒歩5分

✤JR「向日町駅」・阪急「東向日駅」・阪急「長岡天神駅」からタクシーで善峯寺まで(約20分)

 

✤阪急バスは本数が少ないですので、事前に確認されておく方が良いでしょう。

特に、土日は1時間に1本ですので、乗り遅れると1時間待たなければいけませんので。

✤阪急バス  ⇒ 時刻表

善峯寺の四季折々の花々

善峯寺は四季折々の花がきれいなことでも有名です。

春は、境内の桂昌院が植えたといわれる樹齢300年に及ぶ枝垂れ桜が経堂の西側で鮮やかに咲き誇ります。

この桜がJR東日本の「そうだ 京都、行こう」のポスターに使われました。

出典:https://twitter.com/yoshimine1029

初夏にかけてのツツジの花やシャクヤクの花等がきれいです。

また多宝塔と経堂の前に植わっている五葉の松は、幹が左右に伸びて龍が泳いでいるように見えるところから「遊龍の松」と呼ばれ、天然記念物に指定されています。

幹の長さは40m近くまで伸びていて、カメラで全貌を撮るのは難しいです。

出典:https://twitter.com/yoshimine1029

そして、秋は紅葉です。

下の写真は、2018年11月11日に撮ったものです。

ちょうど見ごろを迎えていました。

2018年の紅葉の見ごろはいつまで?現状は?

今年は、11月中旬ですでに見ごろを迎えています。

実際、私が訪れた11月11日にはきれいな紅葉が見られました。

多分、この調子ですと、11月下旬まで見ごろが続くのではないかと思われます。

下の善峯寺の公式twitterでも、11月下旬まで見ごろが続きそうと書かれていますね。

ただ、やはり木によっては落葉しかけているものもありましたので、早めに行かれた方が良いかも。

まとめ

今回は、京都市西京区にある善峯寺について、「善峯寺(京都)の紅葉2018の見頃はいつまで?現状やアクセスも!」と題して調べてきましたが、いかがだったでしょうか?

11月11日に行ったとき、阪急の「東向日駅」からバスで行ったのですが、1時間に1本しかなく、また帰りも同じく1時間に1本しかバスが来ませんので、バスの時間を頭に入れておかれることが重要かと思います。

以前は歩いて行ったのですが、直線距離でも7kmはありますので、時間の余裕と体力に自信があることが肝要かと思います。

🌸最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

🌸「梅小路公園(京都)の紅葉2018の見頃はいつまで?ライトアップも!」の記事もどうぞ♬