いよいよ2018年も終わりに近づいてきましたね。

普段は落ち着いている先生でも走るというぐらいの「師走」ですから、特別な予定が入っていなくてもなんとなく気ぜわしいものです。

こんな時には、落ち着いた神社やお寺に参拝に行くのもいいかもしれません。

神社やお寺と言えば、最近は御朱印をいただくのがちょっとした流行になっていますので、ご朱印を頂くために長蛇の列というケースも少なくありません。

特にその季節限定のご朱印ともなれば貴重ですので、何時間待ちという状況も少なくないかも・・・。

今回は、12月限定の京都の寺社のご朱印について調べてみました♬

Sponsored Links

御朱印

御朱印は、寺社で参拝者に向けて押印される印章や印影で、これを押してもらう帳面が御朱印帳です。

御朱印帳には単に御朱印の押印だけではなく、さらに参拝した日付や寺社名・ご祭神・ご本尊等を墨書してもらうのが一般です。

御朱印の由来は、寺社へ写経を納めた(納経)際の受付印と言われていますが、今はお参りした記念にいただくという意味合いに変化してきています。

最近は、カラフルな御朱印も多くなってきていて、集めるのも楽しみになっています。

京都で12月限定のご朱印がいただける寺社

12月限定のご朱印がいただける京都の寺社について調べてみました。

(ご紹介する寺社以外にもあるかと思いますが、ご存知の方はお教えいただければ幸いです)

また、純粋に12月限定というよりは、例えば11月1日から授与が始まっていて12月2日で終了というようなものもご紹介させていただきます。

ご紹介の詳細につきましては、直接、当該寺社にお問い合わせ願います。

では早速、紹介していきましょう♬

🌸六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ、ろくどうちんこうじ)12月23日限定!

出典:https://twitter.com/Yv6Oao5Lu946cZt

臨済宗建仁寺派のお寺で、ご本尊は薬師如来。

昼間は朝廷で官吏を夜間は冥府において閻魔大王のもとで裁判の補佐をしていたという伝説の持ち主:小野篁が冥界に行く時に使ったとされる井戸が有名です。

毎年8月7日~10日は「六道詣り」でにぎわいます。

12月22日が小野篁の命日で、2013年から閻魔大王の化身とされる篁卿と良いご縁を結んでもらうという趣旨から、国民の祝日である、命日の翌日に限り特別な墨書のご朱印が授与されます。

🌸住所:京都市東山区大和大路通四条下ル4丁目小松町595

🌸アクセス

  • JR「京都駅」から市バス206番で「清水道」バス停下車、徒歩5分
  • 阪急電車「河原町駅」から市バス207番で「清水道」バス停下車、徒歩5分

🌸拝観時間:境内は通常時は自由に拝観できます。

🌸拝観料:無料(但し、特別拝観の期間は有料)

🌸御朱印ご志納料:1,000円(但し、閻魔・篁堂での献香料も含む)

🌸12月限定のご朱印

出典:https://twitter.com/tokihikaru

12月23日(日・祝)で、午前9時~午後3時30分までの限定です!

 

🌸檀王法林寺(だんのうほうりんじ)

出典:https://twitter.com/alley_ismade

浄土宗のお寺で、ご本尊は阿弥陀如来。

創建は江戸時代初期、開祖の袋中(たいちゅう)上人が感得した主夜神(しゅやじん)尊という神様が祀られており、夜を守る神として盗難や火災などから守ってくださるというご利益があります。

夜を守る神と闇夜に眼を光らせる黒猫が結びつき、黒猫が主夜神尊のお使いとして考えられるようになりました。

檀王法林寺では、日本最古の黒い招き猫が祀られており、毎年12月の第一土曜日には「招福猫・主夜神大祭」が行われます。

🌸住所:京都市左京区川端通三条上る法林寺門前町36

🌸アクセス

  • 京阪電車「三条京阪駅」からすぐ
  • 地下鉄東西線「三条京阪駅」から徒歩約5分

🌸拝観時間:午前10時~正午、午後1時~4時

🌸拝観料:200円

🌸御朱印ご志納料:300円

🌸12月限定のご朱印

出典:https://twitter.com/umeboshi_moon

 

🌸知恩院(ちおいん)

出典:https://twitter.com/neonorick

浄土宗の総本山で、ご本尊は阿弥陀如来と開祖法然上人。

国宝の三門を始め、境内の多くの建物は重要文化財に指定されているものばかり。

「知恩院の七不思議」という言い伝えが有名で、1つ1つ探しながら参拝するのも楽しいかも。

🌸住所:京都市東山区林下町400

🌸アクセス

  • 京阪電車「祇園四条駅」下車、徒歩約14分
  • 阪急電車「四条河原町駅」下車、徒歩約15分
  • 地下鉄東西線「東山駅」下車、徒歩約8分
  • 市バス「知恩院前」バス停下車、約5分

🌸拝観時間:午前6~午後4時(月によって変更されます)

✤秋のライトアップ期間(11月2日(金)~12月2日(日))は、午後9時30分まで(受け付けは9時まで)

🌸拝観料:無料(昼間)(庭園の拝観は有料)

✤夜間拝観料:800円

🌸御朱印ご志納料:夜間拝観料に含まれています

🌸12月2日までのご朱印(夜間拝観の方のみに授与されます)

出典:https://www.instagram.com/sumireno1231

✤あらかじめ押印・墨書された台紙での授与です。

 

🌸仁和寺(にんなじ)

出典:https://twitter.com/erimakitokage04

真言宗御室派の総本山で、ご本尊は阿弥陀如来。

開基は宇田天皇で、創建は888年。

境内は桜の名所としても知られており、遅咲きで背丈の低い「御室桜」は特に有名です。

🌸住所:京都市右京区御室大内33

🌸アクセス

  • JR「京都駅」から市バス26番で「御室仁和寺」バス停下車、徒歩すぐ
  • JR「京都駅」から嵯峨野線「円町駅」下車、市バス26番「御室仁和寺」バス停下車、徒歩すぐ
  • JR「京都駅」から嵯峨野線「花園駅」下車、徒歩15分
  • 嵐電(京福電鉄)「御室仁和寺駅」から徒歩3分

🌸拝観時間:

3月~11月:午前9時~午後5時(受付は4時30分)

12月~2月:午前9時~午後4時30分(受付は4時)

🌸拝観料:無料(御殿や霊宝館党は有料)

✤仁和寺「秋の特別拝観」(10月13日~12月16日)が行われています。

拝観料:800円

初公開の金堂裏堂 五大明王壁画を記念しての特別のご朱印が授与されます。

🌸御朱印ご志納料:500円(1枚につき)

🌸12月16日までのご朱印

出典:https://www.instagram.com/hoshi_hiro19

 

🌸乃木神社

出典:https://twitter.com/niceKenji

明治天皇崩御に際し、殉死した乃木希典夫妻を祀った神社です。

明治天皇の伏見桃山御陵の近くにあります。

社殿は1916年に建立され、境内には乃木希典ゆかりの遺品等を保管する宝物館等があります。

また、境内には山城ゑびす神社も祀られています。

🌸住所:京都市伏見区桃山町板倉周防32

🌸アクセス

  • 京阪電車「伏見桃山駅」下車、徒歩約20分
  • 近鉄電車「桃山御陵前駅」下車、徒歩約15分
  • JR奈良線「桃山駅」下車 徒歩約10分

🌸拝観料:無料

🌸御朱印ご志納料:300円

🌸12月限定のご朱印

✤12月限定のご朱印(4種類)

✤朔日詣り限定のご朱印(12月1日のみ)

✤月次祭限定のご朱印(12月13日のみ)

出典:http://nogi-jinja.jp/web/

 

まとめ

今回は、京都の12月限定のご朱印について、「京都・12月限定(2018年)のご朱印がいただける寺社は?アクセスも」と題して調べてきましたが、いかがだったでしょうか?

この他にも12月限定のご朱印がある寺社があるかもしれません。

分かり次第、追記させていただきますね。

🌸最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

🌸「関西で花が描かれた御朱印がいただける神社仏閣はどこ?アクセスも」の記事もどうぞ♬

🌸「京都で正月限定2019の御朱印がいただける神社やお寺はどこ?」の記事もどうぞ♬