京都・12月限定(2018年)のご朱印がいただける寺社は?アクセスも子供のころに母親がお寺に行った際に御朱印帳に御朱印を頂いていました。

なんて書いてあるのか分からないままにも、「なかなかの達筆やなあ~」と思いながら御朱印帳を見ていたことがありました。

昔のことですから、黒い墨でお寺の名前や参拝した年月日が書かれていて、朱色の印が押されているだけという単純なものばかりでした。

最近は御朱印ブームの影響でか、カラフルな御朱印も出てきて、1枚ずつ手描きのため3時間ぐらい待たされる・・・という御朱印もあるとか・・・。

個人的には花が入っている御朱印なんか、なかなかきれいだなあと思います。

ということで今回は、関西で花をモチーフにした御朱印を頂ける神社仏閣を調べてみました♬

Sponsored Links

花の御朱印を頂ける関西の神社仏閣

花の御朱印と言いましても、花がメインとなっているかのようなものから、ほんのちょっと端っこに花のスタンプが押されているだけのものといろいろあります。

今回は、特にきれいな花の御朱印や、そのお寺の名物になっている花が押印されているもの等を調べてみました。

(梅の花を愛した菅原道真公を祀る各天満宮では梅の花の押印がほとんどされていますので、今回は割愛させていただきます。)

なお、花の御朱印の授与に関しましては、事前に各寺社に確認をとって下さいね。

では、さっそく関西の神社仏閣に限定してご紹介していきましょう。(順不同)

🌸楊谷寺(京都府長岡京市)

読み方ようこくじ
住所京都府長岡京市浄土谷2
受付時間午前9時~午後5時(最終受付4時30分)
アクセス毎月17日には、「阪急西山天王山駅」、「JR長岡京駅」の2ヶ所からシャトルバスが出ています。

・阪急「西山天王山駅」から、徒歩1時間、タクシーで10分
・阪急「長岡天神駅」から、徒歩40分、タクシーで15分
・JR「長岡京駅」から、徒歩40分、タクシー15分
駐車場あり(大型バス用もあり)

西山浄土宗のお寺で、ご本尊は十一面千手千眼観世音菩薩で、「柳谷の観音さん」と親しまれています。

弘法大師空海ゆかりの湧き水「独鈷水」が眼病に効くということで、「眼の観音さん」として多くの人に信仰されてきました。

御朱印はいろいろと種類がありますが、その中で季節ごとの草花を押し花にした毎月限定の花の御朱印が人気です。

毎月1回、楊谷寺で手作りの押し花御朱印作り体験を開催されていますが、人気があってすぐに締め切りになってしまうそうですよ。

出典:https://yanagidani.jp/

 

🌸難波神社(大阪市)

出典:https://twitter.com/shimamurataichi

読み方なんばじんじゃ
住所大阪市中央区博労町4丁目1番3号
初穂料300円
受付時間午前9時~午後6時
アクセス・大阪メトロ「心斎橋駅」3番出口から、徒歩5分
・大阪メトロ「本町駅」13番出口から、徒歩5分
・阪神高速1号環状信濃橋出口を下りる
駐車場あり(10台程度)
午後6時まで

ご祭神は仁徳天皇です。

毎年6月8日に、難波神社の御神紋である花菖蒲にちなんで、境内で育った花菖蒲を御神前に御供えする神事(菖蒲神事・あやめ神事)が執り行われます。

神社の御神紋が花菖蒲であることから、花菖蒲の図柄の入った御朱印がいただけます。

出典:https://twitter.com/tateteco

 

🌸般若寺(奈良市)

読み方はんにゃじ
住所奈良市般若寺町221
受付時間午前9時~午後5時(最終受付4時30分)
アクセス近鉄「奈良駅」又はJR「奈良駅」でバス「青山住宅行」「州美台八丁目行」に乗車、「般若寺前」で下車、徒歩3分
駐車場あり(大型バス用もあり)

真言律宗のお寺で、ご本尊は文殊菩薩。

奈良時代に聖武天皇が平城京の鬼門を守るために、大般若経を石塔に納めたことから、般若寺と呼ばれるようになったそうです。

平安時代には修行僧が1,000人もいたほどの大きなお寺だったそうですが、その後衰退していき、現在は、国宝の楼門と、重要文化財の総高14.2mもある日本最大の十三重石宝塔が往時の名残をとどめています。

現在は、「関西花の寺17番」で、四季の花がきれいなお寺として人気があります。

特に秋のコスモスの時期は大勢の参拝者でにぎわい、「コスモス寺」とも言われています。

御朱印も、コスモスの花を描いた御朱印が最近授与されるようになりました。

出典:http://www.hannyaji.com/

 

🌸勝林寺(京都市)

出典:https://twitter.com/Atsuko_27

読み方しょうりんじ
住所京都市東山区本町15-795
受付時間日によって変わる場合がありますので、
twitter等で確認願います。
アクセス・京阪電車「東福寺」駅下車、徒歩約8分
・JR奈良線「東福寺」駅下車、徒歩約8分
駐車場あり

臨済宗東福寺の塔頭で、四天王の1人で鬼門である北方を守護する毘沙門天がご本尊としてお祀りされています。

毘沙門天の下で、座禅や写仏の体験をすることができます。

秋の紅葉の季節は、東福寺の紅葉とともに勝林寺の紅葉も有名で多くの観光客が訪れます。

御朱印はご本尊の毘沙門天を始め、勝林寺にお祀りされている延命地蔵菩薩や大日如来等のものもありますが、季節限定の御朱印も人気です。

出典:https://www.instagram.com/kyoto_shourinji/

 

🌸東林院(京都市)

出典:https://twitter.com/sara_flower_616

読み方とうりんいん
住所京都市右京区花園妙心寺町59
受付時間普段は非公開
公開されている場合は、午前10時~午後3時(要確認)
アクセス・市バス又は京都バス「妙心寺前」バス停下車、徒歩6分
・JR「花園駅「下車、徒歩8分
・京福電車「妙心寺駅」下車、徒歩12分
駐車場あり

臨済宗妙心寺の塔頭で、普段は非公開です。

境内には、平家物語でも出てくる「沙羅双樹」の木があります。

沙羅双樹は、朝開花して夕方には落花してしまい、花ごと地面に落ちるということから、平家物語では沙羅双樹の花をもって世の無常を表現しています。

普段は非公開ながらも、毎年沙羅双樹の花が咲く時期には「沙羅双樹を愛でる会」として、精進料理やお抹茶を頂きながら沙羅双樹の木を愛でる催しが開かれます。

御朱印は、沙羅双樹の花にちなんで、右下に沙羅双樹の花が押印されています。

出典:https://twitter.com/akihiro_7881

 

🌸矢田寺北僧坊(奈良県大和郡山市)

出典:https://itp.ne.jp

読み方やたでら きたそうぼう
住所奈良県大和郡山市矢田町3516
受付時間午前9時~午後5時(要確認)
アクセス近鉄郡山駅からバスで「矢田寺」バス停下車
駐車場あり

矢田寺は奈良県大和郡山市にある高野山真言宗のお寺で、ご本尊は延命地蔵尊。

奈良時代に天武天皇の勅願によって創建されたという歴史あるお寺ですが、関西では矢田寺と言えば、「あじさい寺」として親しまれています。

現在では、矢田寺北僧坊・矢田寺大門坊・矢田寺念仏院・矢田寺南僧坊の4つの僧坊を総称して矢田寺と呼ばれています。

この矢田寺の塔頭の北僧坊で期間限定の可愛いアジサイの御朱印や季節の花やお地蔵さんの御朱印がいただけます。

(もちろん、他の僧坊でも御朱印はいただけます。)

出典:https://twitter.com/UWSbXgOnflEdvCh

 

🌸石光寺(奈良県葛城市)

読み方せっこうじ
住所奈良県葛城市染野387
受付時間・11月~3月:午前9時~午後4時30分
・春の牡丹・芍薬の季節:午前8時30分~午後5時
アクセス・近鉄「二上神社口駅」から、徒歩約13分
・近鉄「当麻寺(たいまでら)駅 」から、徒歩約25分
駐車場あり

石光寺は創建が奈良時代後期の白鳳時代と言われる古いお寺で、現在は浄土宗でご本尊は阿弥陀如来です。

奈良時代の伝説上の人物で、継母に殺されかけたりするという意味では日本版白雪姫ともいえる「中将姫」ゆかりのお寺で、中将姫が仏様のお告げによって蓮の茎から作った蓮糸で当麻曼荼羅(たいままんだら)を織る際に蓮糸を染めたという井戸や蓮糸を干したという桜の木が石光寺の境内にあります。

境内では、春は牡丹と芍薬、夏は樹齢300年以上と言われる百日紅、秋から冬にかけては寒牡丹が咲き誇ります。

季節限定の沙羅双樹や芍薬、寒牡丹の御朱印等が人気です。

出典:http://sekkouji.or.jp

 

🌸本光寺(京都市)

出典:https://twitter.com/honkouji_kyoto

読み方ほんこうじ
住所京都市下京区油小路通木津屋橋上ル油小路281
受付時間午後1時~5時(要確認)
アクセスJR「京都駅」から油小路通に沿って徒歩8分
駐車場なし

日蓮宗のお寺で、ご本尊は、題目宝塔、釈迦如来、多宝如来。

新選組の参謀であった伊東甲子太郎が新選組を脱退したために新選組の襲撃に遭い、本光寺の門前の題目石塔に寄りかかって絶命していたことで有名。

伊東甲子太郎が紫色が好きだったということから、2,3か月ごとに紫のスタンプで季節の花が押印された御朱印が授与されます。(但し、2018年で終了の予定だそうです)

この他にも、花まつり限定御朱印や子安鬼子母神御朱印等もあります。

 

https://twitter.com/alley_ismade

 

🌸大田神社(京都市)

出典:https://twitter.com/HiroBhiro

読み方おおたじんじゃ
住所京都市北区上賀茂本山340
初穂料300円
受付時間午前9時~午後5時
アクセス地下鉄烏丸線「北山駅」から市バス4系統「上賀茂神社前バス停下車、徒歩10分
駐車場あり

上賀茂神社の摂社で、ご祭神は天照大神が天岩戸の中に姿を隠したときにその前で踊ったという天鈿女命(あめのうずめのみこと)。

参道の脇には、「大田ノ沢」という沼地があり、約2,000㎡の敷地にカキツバタは約25,000株が自生しており、「大田ノ沢のカキツバタ群落」と呼ばれていて、平安時代からカキツバタの名所として有名だったそうです。

1939年に国の天然記念物に指定されています。

御朱印は、このカキツバタが押印されています。

 

出典:https://www.instagram.com/gb.mumi.3jsb/

 

🌸十輪寺(京都市)

出典:https://www.instagram.com/ari_09.14

読み方じゅうりんじ
住所京都市西京区大原野小塩町481
受付時間午前9時~午後5時
アクセス
駐車場あり

天台宗のお寺で、ご本尊は延命地蔵菩薩。

歌人の在原業平が晩年を過ごしたというお寺で、別名「業平寺(なりひらでら)」とも呼ばれています。

春は桜、秋は紅葉がきれいなお寺です。

最近は、動物写真家の岩合光昭さんが紹介したことによって有名になった猫の「序音(じょね)」ちゃんが話題になっています。

御朱印は、下記のようなものもあれば、春限定のさくらの花のきれいな御朱印もあって、人気が高いですよ。

出典:https://twitter.com/PeehyoroAcala

 

まとめ

今回は、御朱印について、「関西で花が描かれた御朱印がいただける神社仏閣はどこ?アクセスも」と題して調べてみましたが、いかがだったでしょうか?

この他にも花の御朱印を授与されている寺社があるかと思いますので、どんどん追記させていただく予定です。

花の絵が描かれているだけでなんか心が和みますね(#^.^#)

🌸最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

🌸「京都・12月限定(2018年)のご朱印がいただける寺社は?アクセスも」の記事もどうぞ♬

🌸「京都で正月限定2019の御朱印がいただける神社やお寺はどこ?」の記事もどうぞ♬