2019年、亥の年ということで、私のこのブログでも、イノシシに関連する神社やお寺の紹介をさせていただいていますが、今回は、本物のイノシシがいる神社の紹介です。

これまでは、狛犬ならぬ狛猪やイノシシの像の口から水が出る手水社等が境内で見られるだけで、本物のイノシシは見られませんでした。

鹿児島県霧島市の和気神社では、本物の、それも白いイノシシが見られるのですよ♫

めったに見られない白いイノシシ、亥の年にちなんで一度見に行かれてはいかがでしょうか?

ということで、今回は、白いイノシシがいる和気神社について調べてみました♬

Sponsored Links

和気神社(鹿児島県霧島市)

出典:https://twitter.com/ganemamarikao

主祭神は、和気清麻呂公命。

奈良時代に、和気清麻呂が道鏡によって都を追放された時に住んでいた所とされています。

1853年に鹿児島藩主の島津斉彬の命による和気清麻呂の遺跡調査によって、この地が和気清麻呂の流刑地であると確認され、島津斉彬によって松が植えられました。

その後、松は枯れましたが、1946年に和気清麻呂公を主祭神として和気神社が創建されました。

境内には幕末の志士、坂本龍馬とお龍が新婚旅行にこの地を訪れたという看板もあります。

(ただ、その当時は神社はありませんでしたので、単なる更地だったのでしょうか?)

神社の近くに、和気清麻呂が入ったという温泉「和気の湯」があり、また入浴後腰を掛けられたという「腰掛石」もあるそうです。

神社前の和気公園は、藤の花の名所として有名で、4月~5月には「藤まつり」が行われます。

 

🌸住所:鹿児島県霧島市牧園町宿窪田3986 

🌸アクセス

  • 九州自動車道溝辺鹿児島空港ICから車で20分
  • JR日豊本線「隼人駅」から車で約15分

🌸開閉門時間:参拝自由

和気清麻呂公とイノシシ

和気清麻呂が道鏡が仕掛けた刺客によって足をケガさせられた時に、300頭もの白いイノシシの群れがやってきて、助けられたという故事に基づき、和気清麻呂と言えばイノシシという関係が出来上がりました。

そのため、和気清麻呂をご祭神にしている神社では、イノシシは眷属・守護神として考えられています。

✤詳細は ⇒「亥年2019に行きたい猪にゆかりの神社とお寺!ご利益や御朱印も」もご覧下さい。

🌸ご利益は・・・?

✤交通安全:イノシシが和気清麻呂の災難を救い無事に道先案内役を務めたので

✤安産・子孫繁栄:イノシシはお産が軽く多産なので

✤足腰の病気平癒:和気清麻呂はイノシシに助けられて足のケガも治ったので

✤学問成就:和気清麻呂は学問をよくした人なので

✤土木・建築:和気清麻呂は平安京の造営や摂津・河内の国の治水工事に従事しました

🌸白いイノシシ「和気ちゃん」!

和気神社の境内には、白いイノシシの「和気ちゃん」がいますよ♫

出典:https://twitter.com/mm21918046

出典:https://twitter.com/sibusibiro_rt

以前は「あいちゃん」という白いイノシシがいたそうですが、残念ながら2011年に亡くなってしまい、現在は「和気ちゃん」が頑張っています!

「和気ちゃん」は、地元の建設会社社長が寄進した総桧木、銅板ぶき、シャワー付きの立派な「白亥殿」に住んでいるそうです。

御朱印は?

出典:https://twitter.com/U1_Fujino  https://twitter.com/jmj_jp

まとめ

今回は、白いイノシシがいる鹿児島県霧島市の和気神社について、「亥の年2019は和気神社(霧島)の白猪と開運祈願!アクセスも」と題して調べてきましたが、いかがだったでしょうか?

白いイノシシってあんまりいませんので、一度見てみたいものですね♫

🌸最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

🌸「亥の年2019イノシシにゆかりの宝泉寺(金沢)とは?アクセスも!」の記事もどうぞ♬

🌸「徳大寺(東京)はイノシシ年の初詣にピッタリ!ご利益や御朱印は?」の記事もどうぞ♬

🌸「亥年(2019)に行きたいイノシシにゆかりの京都の神社とお寺!」の記事もどうぞ♬

🌸「亥年2019に行きたい猪にゆかりの神社とお寺!ご利益や御朱印も」の記事もどうぞ♬