平成最後の大相撲初場所が1月13日(日)から始まります。

先場所は、3横綱全員が休場という異例の場所となりましたが、若手の貴景勝が初優勝をして、場所を大いに盛り上げてくれました。

貴景勝は初の関脇に昇進し、初場所では大関昇進へ大きなステップとなります。

初場所では、貴景勝が先場所の勢いをそのまま見せてくれるのか?あるいは、戻ってきた横綱陣が横綱の意地を見せてくれるのか?楽しみですね。

3横綱がどれだけ回復しているのか、特に稀勢の里の調子が気になるところです。

ということで、今回は、大相撲初場所の優勝候補や期待の力士について、調べてみました♬

【追記 2019/1/27】 千秋楽で以外な結果になりましたよ!

Sponsored Links

大相撲初(1月)場所2019

出典 :https://twitter.com/sumokyokai

初場所の優勝候補は?

まず、なんと言ってもその地位から筆頭に挙げられるのが3横綱、次に大関ですね。

ただ、問題は3横綱ともにケガがどれだけ回復してきているのかですが・・・。

🌸横綱:稀勢の里

初場所の番付表では、東の正横綱ですが、2018年11月場所では5敗10休みという成績で、1勝もできないままに休場してしまうという事態になりました。

おまけに負けた取り組みすべてに良い所がなく、非常に心配になりました。

昨年のクリスマスの日に異例の記者会見を開き、初場所への出場の意向と奮闘について語りました。

それによりますと、基礎運動に終始しているのが現状でということで、自身も多少の焦りはあると話していました。

「相撲以外の部分は、いい状態に仕上がってきた」と話していましたが、肝心の「相撲の勘」に関しては不安材料が多いようです。

また、年が明けて1月7日に横綱審議委員会(横審)による稽古総見がありましたが、鶴竜に1勝3敗、豪栄道に2連勝の計6番で3勝3敗の結果で、勝った相撲内容もイマイチだったとのことです。

9月場所では10勝5敗の成績を挙げましたので、復活への期待はしていたのですが、本人に言わせるとたまたま勝ったようなものとのことで、その通り11月場所でのふがいない成績でした。

稀勢の里には、とにかく初場所頑張って欲しいという希望を託すのみで、優勝候補に挙げるのは無理かもしれません・・・。

【追記 2019/1/16】 稀勢の里が引退することになりました・・・。

1月15日の対栃煌山戦で初日から3連敗で、昨年9月の秋場所から3場所にわたって8連敗(不戦敗除く)となり、横綱としてはワースト記録となってしまいました。

初日から稀勢の里の取組を見ていましたが、残念ながら相撲になっていないというのが印象でした。

栃煌山に敗れた瞬間、自分を納得させるかのようにうなずいた稀勢の里を見た時、引退を決心したんだなと思いました。

後援会や部屋のことを考えると簡単に即決はできなかったのでしょうが、4日目に出場したとしても、恥じをさらす結果になっていたかもしれません・・・

ケガとの戦いの横綱になってしまい悲運でした。

🌸横綱:白鵬

初場所の番付は西の正横綱。

9月場所で全勝優勝をして相変わらずの強さを見せたかと思うと、11月場所は全休ということで、やはり長く横綱の地位にあるとケガとの戦いになってきます。

正直言って満身創痍なんでしょうね・・・。

1月7日の横綱審議委員会による稽古総見の時は御嶽海と貴景勝を指名し、御嶽海と3番、貴景勝と5番取って全勝し、白鵬の強さを見せつけたようです。

昨年10月の右足首を手術しましたが、順調に回復しており、体調も良いとのことですので、今場所は期待できそうです。

【追記 2019/1/26】 初日から10連勝していて、NHKの相撲解説者北の富士勝昭さんから「(白鵬の独壇場で)面白くない」と言われていた白鵬ですが、3連敗し、14日からはケガのため休場することになりました。

これで、3横綱が不在の場所になってしまいました・・・。

🌸横綱:鶴竜

初場所の番付は東の張出横綱。

9月場所では初日から10連勝で、3・5月場所で連続優勝をした時の再来かと思われましたが、5連敗を喫し、11月場所は右足首のケガを理由に全休に。

1月7日の横綱審議委員会による稽古総見の時は、横綱・大関陣と計10番取って、7勝3敗の結果でした。

右足首のケガの状態は痛みはまだあるものの回復に向かっているそうで、本人が思っていたよりは体が動いているとのことですので、今場所は期待できそうです。

【追記 2019/1/18】 初場所5日目に逸ノ城に敗れて2勝3敗となった鶴竜でしたが、右足首の痛みのため、6日目から休場することになりました。

2018年11月場所でも右足首のケガで休場しましたが、まだ完治していなかったのかもしれませんね。

🌸大関:豪栄道

11月場所で右上腕部の筋断裂のケガをして途中休場しましたが、順調に回復してきているようです。

事実、1月9日には時津風部屋に出稽古に行き、正代や錦木相手に14番取って13勝しました。

本人も体調は良いと話しているとのことですので、初場所、期待できそうです。

🌸大関:高安

2018年11月場所では12勝3敗の成績で、13勝2敗で優勝した貴景勝を大関の意地を見せて破りました。

年末から部屋の横綱 稀勢の里と連日のように稽古をしてきて、上り調子のように思えましたが、心配なことに、1月9日に発熱し、インフルエンザと診断されました。

ただ、熱も下がって「劇的な」回復をしているそうですので、初日には出場できるかもしれません。

【追記 2019/1/27】 今場所は不安定な相撲を取っていたなあという感想です。

成績も9勝6敗と大関としては悪い成績で、おまけに同じ大関の豪栄道とそろって同じ日に敗れる日が何回もあって、「弱い大関」をまざまざと見せられました・・・。

来場所は、いっそうの奮起を期待します。

🌸大関:栃ノ心

大関に昇進した場所でケガのために途中休場し、その後9勝6敗、8勝7敗と一応は勝ち越しているものの、昇進前の勢いはありません・・・。

おまけに1月5日の稽古中に右太ももを負傷し、7日の横綱審議委員会による稽古総見は欠席しました。

初場所に出場はしますが、不安材料を抱えたままの出場になるようで、不安ではあります。

【追記 2019/1/17】 初日から4連敗と苦戦していましたが、場所前に負傷した右太ももの状態が悪く、5日目から休場となりました・・・。

また来場所はカド番になり、苦しい場所になりそうです。

🌸新関脇:貴景勝

2018年11月場所で優勝し、今場所は初の関脇になりました。

優勝後は、テレビ出演等もあって多忙だったとは思いますが、真面目な貴景勝のことですから稽古の手抜きはなかったと思います。

年が明けて1月7日の横綱審議委員会による稽古総見では、白鵬から指名され5番取りました。

白鵬相手に全く歯が立たなかった貴景勝だったそうですが、「ありがたい。やれるチャンスがあればと思っていた」と白鵬の指名に感謝していたそうです。

今は白鵬にかなわなくても、これからどんどん強くなっていくでしょうから、今場所は大いに期待したいものです。

初場所は、大関への大きなチャンスとなる場所です。

大関に昇進する基準は明確にはありませんが、一応の目安として、

  • 3場所連続で三役(関脇・小結)の地位にある
  • 通算の勝ち星が33勝以上

とされています。

貴景勝の場合、9月場所から小結の地位にあり、9月場所は9勝6敗、11月場所は13勝2敗で優勝・殊勲賞・敢闘賞を受賞しています。

仮に初場所で最低でも11勝すれば、一応は目安をクリアーできると言えます。

大関昇進のためにはさらに相撲内容等も吟味されますので何とも言えませんが。

ただ、11月場所で優勝できたのは横綱3人が不在だったということもあり、個人的には、大関になるためにはまだ実力不足と考えます。

じっくりと実力を付けていき、横綱と張り合えるだけの力を付けてからでも遅くはないと思います。

(実力がないのに大関になって、結局は陥落してしまうということはないようにして欲しいです)

場所前の白鵬や稀勢の里との稽古の様子を見ている限りでは、実力に大差があり、初場所での優勝は難しいと思います。

【追記 2019/1/27】 けいこでは完敗だった横綱の白鵬を本場所では破り、優勝した玉鷲も破って結果的には11勝4敗の成績で、技能賞を受賞しました。

最後まで優勝の可能性はあったのですが、千秋楽の大関豪栄道との取組では豪栄道に完敗してしまい、まだまだ弱さが見られました。

来場所は大関昇進のための重要な場所になりますので、来場所の奮闘を期待したいものです。

🌸小結:御嶽海

大関昇進のチャンスの点でいえば、御嶽海も忘れてはいけませんね。

7月場所で関脇の地位で13勝2敗の成績で優勝し、9月場所で9勝6敗。

11月場所に期待がかかりましたが、7勝8敗でまさかの負け越し。

でも、まだ若いのですから、また初場所から奮起して最低でも2桁勝利を続けて行けば、今年中の大関昇進も夢ではないでしょうね。

今場所の貴景勝と御嶽海の踏ん張りに期待したいものです。

余談ですが、昨年の7月場所で優勝した時、その後心身共にとても疲れたそうです。

そのため、しばらくは優勝はもういいやと思ったほどだったそうで、今年の目標は、「ボチボチ のんびりと」だそうです。

これは、内心は闘志を燃やしつつ、表面上は気負わずマイペースで相撲を取って行こうという意味だそうで、決して上位への昇進を狙っていないということではありません。

【追記 2019/1/27】 前半は絶好調で2横綱1大関を破る健闘をみせてくれましたが、途中ケガのため休場し、再出場は無理かと思いましたが、11日目から再出場して横綱白鵬を破りました。

8勝4敗3休の結果でしたが、3横綱を破ったことから殊勲賞を受賞しました!

ケガの具合はかなり重いようですので、しっかりと治して欲しいです。

 

 

【追記 2019/1/27】 2019年初場所の優勝は、なんと玉鷲でした!

しかも、13勝2敗という好成績で。

うれしいことに、この日、二番目のお子さんが誕生したとのことで、二重のおめでたとなりました♫

 

期待の力士は?

初場所で期待される力士は誰でしょうか?

個人的には、幕内6枚目の阿武咲と、十両から幕内に昇進した矢後が初場所期待の力士と考えています。

🌸阿武咲

ちょうど1年前の2018年初場所で右膝後十字靱帯損傷という大ケガをして、半年間の休場を余儀なくされましたが、2018年5月に復活して12勝3敗の成績で十両優勝をし、7月場所から幕内に復帰しています。

昨年の11月場所では横綱不在の場所ではありましたが、11勝4敗と好成績を上げて敢闘賞を受賞しています。

やはり実力がある力士ですから、突きと押しを武器に上位を狙える可能性は十分にあると思います。

先場所のような相撲を取って行けば、初場所も大いに期待できるのではないかと思います。

【追記 2019/1/27】 6日目まで全勝で期待通りの頑張りを見せてくれましたが、それから連敗が続き、結局最終的には8勝7敗という成績でした。

期待していただけに、残念ですが、来場所の奮起を期待したいです。

🌸矢後

出典 :https://twitter.com/sumokyokai

しこ名矢後 太規(やごたかのり)
本名同じ
生年月日1994年7月8日(24歳)
出身地北海道河西郡芽室町
出身校中央大学法学部
身長・体重187cm、178kg
所属部屋尾車部屋
2019年1月場所現在の番付前頭13枚目

初場所から幕内に昇進した矢後です。

 

2017年5月場所で土俵デビュー(幕下付出から)し、9月場所では十両に昇進したものの、負け越しで2場所で幕下に降格。

しかし、1場所ですぐに十両にカムバックして、入門から10場所で初場所からは幕内力士として登場します。

その実力が幕内でどこまで通用できるのか、恵まれた体格を生かして幕内に定着して欲しいです。

【追記 2019/1/27】 幕内初めての場所になりましたが、9勝6敗の成績で、頑張りました!

中日あたりで連敗が続いたのが苦しかったですね。

来場所も頑張って欲しいです。

 

 

【追記 2019/1/21】 大相撲8日目の1月20日、天皇・皇后両陛下が大相撲を観戦されました。

両陛下が帰られる際には国技館内は割れんばかりの拍手で、最後の方には万歳の声も聞こえていました。(やはり、両陛下への人気はスゴイですね)

「今日は良い相撲をありがとう」というお言葉を残して帰られたそうです。

まとめ

今回は、2019年大相撲初場所について、「大相撲2019初(1月)場所の優勝力士予想!貴景勝の2連覇は?」と題して調べてみましたが、いかがだったでしょうか?

初場所は3横綱がそろっての出場ということですので、楽しみですね。

個人的には、稀勢の里に頑張って欲しいのですが、どうなるのでしょうか・・・?

🌸最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

🌸「イケメンで期待の若手力士2019人気ランキング!1位は誰だ?」の記事もどうぞ♬

🌸「稀勢の里の経歴や引退後の生活はどうなる?独立問題や結婚も」の記事もどうぞ♬