2月になると、各地で梅の花の便りが聞かれますね。

大阪でも、大阪城公園や万博公園を始めとした梅の名所に多くの人達が訪れます。

梅の花をこよなく愛した菅原道真公をお祀りした天満宮も梅の木を植えている所が多いですね。

京都の北野天満宮では大きな梅苑が有名です。

大阪の大阪天満宮は境内がそんなに広くはありませんので、梅の木がたくさん植わっているというほどではありませんが、それでも、一応は梅の名所として挙げられています。

大阪天満宮は、境内の梅の木というよりも、参集殿で毎年開催される盆梅展の方が有名です。

今年も盆梅展が開催されますが、同時に刀剣展も開催されるとか・・・。

ということで、今回は、大阪天満宮の盆梅展について調べてみました♬

【追記 2019/2/18】 大阪天満宮の盆梅展に行ってきました。

本文で追記させていただきましたので、ご覧くださいね。

Sponsored Links

てんま天神梅まつり2019

出典:https://www.osakatemmangu.or.jp/

 

🌸大阪天満宮の住所:大阪市北区天神橋2丁目1-8

🌸アクセス:

  • 大阪メトロ谷町線・堺筋線「南森町駅」下車、徒歩3分
  • JR東西線「大阪天満宮駅」下車、徒歩3分

 

毎年2月の梅の季節になりますと、大阪天満宮では境内の梅が咲き誇り、華やかな雰囲気になります。

植わっている梅の本数自体は少ないのですが、駐車場横に植わっているピンクと白のしだれ梅や本殿の左右に大きな盆栽の梅が置かれているのを見ますと、春の訪れを感じることができます。

梅の開花時期に合わせて境内では梅まつりが開催され、「梅の木餅」やぜんざいを販売する喫茶店やオープンカフェ、土産物や骨とう品の販売や講談・落語の寄席等も開かれ、にぎやかになります。

 

🌸大阪天満宮の盆梅展

出典:https://www.osakatemmangu.or.jp/

梅まつりと同時に大阪天満宮では、参集殿で「盆梅展」も開催されます。

盆梅とは鉢植えの梅、つまり梅の盆栽です。

盆梅展と言えば、滋賀県長浜市の「長浜盆梅展」が歴史・規模ともに日本一と言われていますが、大阪天満宮の盆梅展も関西では有名です。

 

 

中には樹齢200年と言われる盆梅も展示されており、小さい鉢の中の根っこはどうなっているのかしら?って不思議に思うものもあります。

 

🌸開催場所:大阪天満宮(参集殿)

🌸開催期間:2019年2月9日(土)~3月3日(日)

🌸開催時間:午前9時30分~午後4時30分(入場は午後4時まで)

🌸拝観料:大人(高校生以上)/700円、子供(中学生以下)/400円

✤大阪天満宮の境内への入場は無料です。

 

参集殿の中では盆梅50鉢以上が、大阪天満宮の宝物である「天神画像」やご祭神の菅原の道真公ゆかりの掛け軸等と合わせて展示されます。

【追記 2019/2/18】 2月17日に見に行ってきました。

境内の梅は早咲きのものを除いて、まだまだつぼみでしたが、盆梅展の梅は満開状態でした。

🌸刀剣女子必見!刀剣展が同時開催!

今年は刀剣展も一緒に開催されます!

刀剣は常時16振り展示されますが、前半と後半に入れ替えがあります。

特別展示として、大阪府羽曳野市の壺井八幡宮所蔵の太刀、銘安綱「天光丸」(源義家佩用 )(重要美術品)が全期間展示されます。

この「天光丸」は、源義家(八幡太郎義家)愛用の太刀で、名刀「鬼切丸」と同鐵(鉄)で作られた雌雄の太刀と言われています。

【追記 2019/2/18】 盆梅展と併設されている刀剣展も見てきました。

展示されている数としては少ないのですが、目玉としては、壷井八幡宮所蔵の天光丸ですね。

刀剣女子らしき女性たちが熱心に写真を写しておられました。

私は、刀のことは分かりませんが、でも刀の反りや色がきれいだなあと思いました。

天光丸以外にも・・・

 

🌸刀の入れ替えの時期は・・・

✤前半 :2月9日(土)~20日(水)

✤後半 :2月21日(木)~3月3日(日)

 

🌸梅の見頃や開花状況は?

大阪天満宮の境内の梅の開花状況ですが、一昨年(2017年)に私が行った時(2月22日)、梅が満開でした。

昨年(2018年)は2月の気温が低く、梅の開花が遅かったようです。

今年は比較的暖冬のペースで進んでいますので、2月中旬ぐらいから見ごろが始まるのではないでしょうか?

盆梅展の梅の見頃に関しましては、早咲きと遅咲きの盆梅が展示されていますので、開催期間の始めの2月9日の時点で満開の梅もあれば、まだつぼみ堅しという状態の梅もあります。

2月中旬から下旬にかけてが全体的な見ごろかもしれません。

【追記 2019/2/18】 2月17日に大阪天満宮に行ってきました。

盆梅展の梅は満開でしたが、境内の梅は早咲きのものを除いてまだつぼみでした。

特にしだれ梅はつぼみ堅しという状態のようでした。

ただ、大阪天満宮を出た所にある境外末社の星合の池の所には、満開のきれいなピンクの梅が咲いていました♬

まとめ

今回は、大阪天満宮の盆梅展について、「てんま天神梅まつり2019は刀剣女子必見!梅の見頃や開花状況も」と題して調べてみましたが、いかがだったでしょうか?

参集殿の中では梅の香りもほんのりと匂っていて、外で見る梅とは少し雰囲気も違って趣があります。

🌸最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

🌸「道明寺天満宮の梅まつり2019の期間や催しは?開花状況や見ごろも」の記事もどうぞ♬

🌸「北野天満宮(京都)の梅2019の開花時期や見頃はいつまで?梅花祭も」の記事もどうぞ♬

🌸「淡路島八木(村上邸)のしだれ梅2019開花時期や見頃はいつまで?」の記事もどうぞ♬

🌸「いなべ梅林梅まつり2019の開花状況や見頃はいつまで?アクセスも」の記事もどうぞ♬

🌸「月ヶ瀬梅林の梅まつり2019の開催時期や梅の見頃は?アクセスも」の記事もどうぞ♬

🌸「万博記念公園の梅2019の開花状況や見頃はいつまで?イベントも!」の記事もどうぞ♬

🌸「城南宮のしだれ梅と椿まつり2019はいつから?開花状況や催し物も!」の記事もどうぞ♬