「方除け(ほうよけ)・厄除けの大社」として知られる京都の城南宮(じょうなんぐう)の境内にある神苑は「源氏物語」に出てくる植物が植えられていて、四季折々にきれいな花を見ることができます。

以前、夏の終わりごろに行った時、見事な夕顔(かんぴょう)の実がなっていたのには驚きました。

この神苑、なんと言っても春が素晴らしいです。

特にしだれ梅や椿・雪柳等の花々が咲き乱れ、とても美しいです。

ただ、やはりその美しい花々を見るためにこの時期には大勢の人が訪れますので、ゆっくりと鑑賞するということは難しいですけどね・・・。

今回は、城南宮のしだれ梅と椿まつりについて、調べてみました♬

Sponsored Links

城南宮

出典:https://twitter.com/t_katoh042899

城南宮は、引越・工事・家相の心配を除く「方除(ほうよけ)の大社」として信仰されてきました。

創建は1,200年前と言われています。

神苑の中の「平安の庭」では、毎年春と秋の2回、平安貴族の優雅な和歌の催しを再現した「曲水の宴」が開かれることでも有名です。

出典:https://twitter.com/cocorohide

 

🌸住所:京都市伏見区中島鳥羽離宮町7

🌸アクセス

  • JR「京都駅」から京都市営地下鉄・近鉄で「竹田駅」下車、徒歩15分
  • 阪急「烏丸駅」から京都市営地下鉄で「竹田駅」下車、徒歩15分
  • 阪急「大宮駅」から市バス18番で「城南宮道」バス停下車、徒歩2分
  • 京阪「中書島駅」から市バス南3・京阪バス6・京阪シティバス24・24Aで「城南宮東口」バス停下車、徒歩3分
  • 京阪「丹波橋駅」から近鉄で「竹田駅」下車、徒歩15分

しだれ梅と椿祭2019

出典:https://twitter.com/ashria3

神苑では、しだれ梅や椿等の花々が咲く時期に「しだれ梅と椿まつり」が開催されます。

🌸開催時期:2019年2月18日(月)~3月22日(金)

🌸拝観時間:午前9時~午後4時30分(受付 午後4時終了) 

🌸拝観料:大人/600円、小中学生/400円、障がい者手帳を提示の方/300円

🌸場所:神苑

 

城南宮の神苑の「春の山」と言われる場所では150本の白やピンクのしだれ梅が植えられており、開花時期になると非常にきれいです。

出典:https://twitter.com/hakumayou

出典:https://twitter.com/MKofficial_PR

また神苑の「春の山」から「平安の庭」にかけては、300本の椿の木が植えられており、12月から3月にかけて次々と開花していきます。

 

この時期だけの御朱印もいただけます。

出典:https://twitter.com/reichannjiyuuya

✤初穂料:300円

 

🌸梅が枝神楽

「しだれ梅と椿まつり」の期間中、神楽殿の表舞台では、梅の花を冠にさした巫女さんが、梅の枝を手に持って神楽を舞います。

美容健康と招福を祈願した「梅の花守り」を特別に頂かれる方には、巫女さんによる神楽鈴でのお祓いを受けることができます。

観覧期間2月18日(月)~3月22日(金)
観覧時間平日:午前10時
土日祝:午前10時と午後3時
観覧料無料
初穂料「梅の花守り」の特別授与は
1,000円

催し物も

🌸お抹茶拝服

神苑の「室町の庭」と「桃山の庭」の間に建つお茶席「楽水軒」では巫女が出すお菓子とお抹茶を頂きながら庭園と花を見ることができます。

✤300円以上のご志納

🌸植木市

参道では植木市が開かれます。

✤出店日:

  • 2月16日・17日・23日・24日
  • 3月1日~24日

🌸「椿餅」の限定販売 

出典:https://twitter.com/manax_1201

椿の葉で上下を挟んだ白い道明寺の餅の中に餡が入った「椿餅」は、平安時代に貴族の邸宅で大規模な蹴鞠(けまり)の会が催された時に振る舞われたとされています。

城南宮の参道で限定販売する「椿餅」は、中心部に黄色の花心(おしべ・めしべの総称)をあしらって白玉椿に似せています。

✤出店日:

  • 2月16日・17日・20日~28日
  • 3月1日~11日、13日~18日、20日・21日

🌸参拝記念品

庭園の出口では、手ぬぐいやクリアーファイル・写真集等、城南宮オリジナルの記念品が販売されています。

開花状況や見頃は?

私が3年前の3月21日に行ったときは、「しだれ梅と椿まつり」は終わりに近かったのですが、まだまだ満開でした。

その時は2月3月の気温が低かったのかもしれません。

昨年も2月は気温が低く、3月6・7日あたりになってやっと見頃になったそうです。

ただ、3月7・8日と16日にまとまった雨が降ったため、花びらが落ちてしまい、見ごろの期間は10日間ぐらいと短くなってしまったそうです。

 

今年はどうでしょうか?

2月16日現在の城南宮のHPでは、「しだれ梅 白色 咲き始め・ピンク色 ちらほら、椿 早咲きの椿、咲いています」という情報でした。

まだまだのようですね。

ただ、20日ぐらいから本格的に気温が高くなってくるという予報ですので、開花が一気に進むかもしれませんね。

【追記 2019/2/23】 2月23日現在で、城南宮のHPによりますと、「しだれ梅:白 三分・ピンク 二分、椿:見頃」という状況です。

✤開花状況は ⇒ 「しだれ梅と椿まつり2019

 

まとめ

今回は、京都の城南宮のしだれ梅と椿について、「城南宮のしだれ梅と椿まつり2019はいつから?開花状況や催し物も!」 と題して調べてきましたが、いかがだったでしょうか?

以前私が行ったときも、きれいにしだれ梅が咲いていて感動しました。

満開の時はやっぱり最高ですよ(^^♪

🌸最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

🌸「万博記念公園の梅2019の開花状況や見頃はいつまで?イベントも!」の記事もどうぞ♬

🌸「月ヶ瀬梅林の梅まつり2019の開催時期や梅の見頃は?アクセスも」の記事もどうぞ♬

🌸「いなべ梅林梅まつり2019の開花状況や見頃はいつまで?アクセスも」の記事もどうぞ♬

🌸「淡路島八木(村上邸)のしだれ梅2019開花時期や見頃はいつまで?」の記事もどうぞ♬

🌸「北野天満宮(京都)の梅2019の開花時期や見頃はいつまで?梅花祭も」の記事もどうぞ♬

🌸「てんま天神梅まつり2019は刀剣女子必見!梅の見頃や開花状況も」も時期もどうぞ♬

🌸「道明寺天満宮の梅まつり2019の期間や催しは?開花状況や見ごろも」の記事もどうぞ♬