2019年3月23日から始まる選抜高校野球大会ですが、今年で91回目になります。

夏の高校野球が昨年100回記念大会でしたので、あと9回で選抜野球大会も記念すべき100回になりますね。

「春は選抜から」と言われていますが、最近は暖冬傾向にありますので、選抜高校野球が始まる頃にはすっかり春らしくなってきていますね。

高校野球の楽しみは、はつらつとした選手たちのプレーとともにイケメン選手を応援すること・・・?

ということで、今回は、選抜高校野球大会に出場する高校のイケメン選手を調べてみました♬

Sponsored Links

第91回選抜高校野球大会

出典:https://twitter.com/enjoy_koshien

選抜高校野球大会は、1924年から開催され、今年で91回目を迎えます。

🌸開催期間:2019年3月23日(土)~4月3日(水)(準々決勝翌日の休養日を含む12日間)

🌸開催場所:阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)

🌸出場校:32校(一般選考28校、21世紀枠3校、神宮大会枠1校)

選抜高校野球2019イケメン選手は誰だ?

2018年の夏の高校野球に出場した高校が記念大会だったため56校と多かったせいかイケメン選手も多く、また実力も兼ね備えている選手がほとんどでしたので、かなり話題になりましたね。

今年の選抜高校野球出場校は32校と、夏の大会に比べると少ないのですが、イケメン選手は果たして何人いるのでしょうか?

以下ご紹介して行きましょう♬

(紹介する選手は順不同ですし、あくまでも個人的な評価ですのでその点はご了解くださいね)

🌸森敬斗選手(桐蔭学園高校)

出典:https://twitter.com/shizuokabb

読み方もり けいと
生年月日2002年1月28日(17歳)
出身地静岡県静岡市
出身校静岡市立藁科中学校
 ⇒ 桐蔭学園高校
身長・体重175cm、70kg
ポジションショート
投打右投げ/左打ち

3番ショートで主将の森敬斗選手。

2018年秋の関東大会では、初戦の常総高校戦では逆転満塁サヨナラホームランを、また決勝戦の春日部共栄高校戦では1試合で2本のホームラン(2ランと3ラン)を打ち、この大会で4試合の打率.4124割1分2厘・3本塁打・打点12という成績を残し、さらに深く飛んできた打球を強肩でアウトにするなど、長打力と強肩力を兼ね備えた選手です。

【追記 2019/3/31】 初出場の福井県代表の啓新高校に敗れましたが、森敬斗選手の活躍はなかなかのものでした!

🌸清水大成選手(履正社高校)

出典:https://twitter.com//machakara

読み方しみず たいせい
生年月日2001年6月5日(17歳)
出身地兵庫県丹波市
出身校丹波市立氷上中学校  
 ⇒ 履正社高校
身長・体重176cm、73kg
ポジションピッチャー
投打左投げ/左打

中学は兵庫県の丹波市立氷上中学ですが、卒業後は大阪府豊中市の履正社高校に進学。

1年生の夏から控えの投手としてベンチ入りしていました。

本格的に実力を発揮し始めたのが、2年生秋の新チーム発足時から。

エースとして着実に力を付けてきました。

最高145kmのストレートと変化球をテンポよく投げ分けるのが持ち味で、ドラフトのスカウトから熱い視線を送られています。

【追記 2019/3/31】 初戦でいきなり優勝候補の北信越代表の星稜高校と対戦し、個人的には地元の大阪代表ということで、応援していたのですが・・・。

完封されてしまいましたが、清水大成選手の投球内容は決して悪いものではありませんでした。

🌸奥川恭伸選手(星稜高校)

出典:https://twitter.com/HINA01240136

読み方おくがわ やすのぶ
生年月日2001年4月16日(17歳)
出身地石川県かほく市
出身校かほく市立宇ノ気中学
⇒星稜高校
身長・体重183cm、82kg
ポジションピッチャー
投打右投げ/右打ち

昨年2年生で唯一、U18高校日本代表に選出され、その当時3年生だった大阪桐蔭高校の根尾昂選手や藤原恭大選手、金足農業高校の吉田輝星選手といった実力を持った選手たちとともに戦いました。

また2018年の夏の甲子園では記念大会に出場し、最速150kmを出すなど、今大会でも注目の投手です。

モットーは笑顔でいることなんだそうで、いつも笑顔が絶えません。

笑った顔が大リーグの田中将大投手に似ているような・・・(#^.^#)

【追記 2019/3/31】 第一戦の大阪の履正社高校との試合での投球があまりにも良すぎて、第二戦の習志野高校との試合ではちょっとコントロール等がうまく行かなかった感がありましたが、それでもやはりなかなかの投球でした!

🌸福岡大真選手(筑陽学園)

出典:https://www.goo.ne.jp/

読み方ふくおか だいしん
生年月日2001年9月16日(17歳)
出身地神奈川県横浜市
出身校鳥栖市立基里中学校
 ⇒ 筑陽学園高校
身長・体重176cm、74kg
ポジション外野手
投打右投げ/左打ち

お父さんは、鹿児島県の強豪校・樟南高校で1994年の準優勝メンバーでピッチャーの福岡真一郎さん。

今回、お父さんに続いての甲子園出場を果たすことができます。

お父さんは甘いマスクで非常に人気があった選手でした。

2018年秋の明治神宮大会では、桐蔭学園戦で見事なホームランを打ち、プロ野球のスカウトの注目を浴びました。

高校生離れした強肩も見もので、今年の春(そして夏の甲子園も!)での活躍が楽しみです。

【追記 2019/3/31】 残念ながらベスト8までは勝ち進んだのですが、あと一歩と言うところで涙を飲みました・・・。

それでも、福岡大真選手はここというときに活躍しました!

🌸度会隆輝選手(横浜高校)

出典:https://twitter.com/gari_wasabi

読み方わたらい りゅうき
生年月日2002年10月4日(16歳)
出身地千葉県市川市
出身校市川市立下貝塚中学校
 ⇒ 横浜高校
身長・体重180cm、78kg
ポジション内野手
投打右投/左打

お父さんは元プロ野球選手で現在も球団職員の渡会博文さん。

小さいころから3歳上のお兄さんとともに野球に親しみ、中学3年生の時にはリトルシニア全国選抜野球大会で優勝、リトルシニア日本選手権大会では準優勝という経験をしています。

また同じく中学3年生の時には、U-15アジアチャレンジマッチ日本代表にも選抜されて、3番打者として11打数7安打6打点の活躍で優勝に貢献し、大会最優秀選手にも選ばれました!

これからますます楽しみな選手の1人です(^^♪

中学生の時には、テレビでも大活躍しましたよ!

【追記 2019/3/31】 1月に傷めて右足首の回復が間に合わなかったのか、スタメン出場はありませんでした。

初戦で九州・大分代表の明豊高校に13対5という大差で破れてしまいましたが、横浜高校の実力はこんなものではないはず。

夏に向かって、頑張って欲しいです!

🌸前佑囲斗選手(津田学園高校)

出典:https://twitter.com/Kokoyakyu_News

読み方まえ ゆいと
生年月日2001年8月13日(17歳)
出身地三重県亀山市
出身校亀山市立亀山中学校
 ⇒ 津田学園高校
身長・体重182cm、87kg
ポジションピッチャー
投打右投げ/右打ち

最速148kmのストレートを投げる大型右腕です。

小学校1年生の時から野球を始め、高校は2歳年上のお兄さんがいる津田学園高校に。

高校1年生の秋からベンチ入りし、2年生の秋から活躍し始めます!

三重県大会では5試合に投げ、準決勝では破れましたが、3位決定戦で勝って東海大会に出場します。

東海大会では4試合全部に先発し、準優勝に貢献しました。

金足農業高校の吉田輝星選手の投法を参考に、緩急を織り交ぜた投法のピッチャーです。

【追記 2019/3/31】  初戦、京都代表の龍谷大学付属平安高校との試合、11回2失点で好投しました。

毎晩ご飯を大盛り6杯食べて体重を20kg増やして88kgにし、球速をさらに速く投げられるようにしましたので、これから夏に向けてもっとご飯を食べて体重を増やしてもっと速い球を投げられるようにしたいと話したそうです!

🌸来田涼斗選手(明石商業高校)

 

出典:https://twitter.com//Lets_and_Go

読み方きた りょうと
生年月日2002年10月16日(16歳)
出身地兵庫県神戸市
出身校神戸市立長坂中学校
 ⇒ 明石商業高校
身長・体重179cm、79kg
ポジション外野手
投打右投げ/左打ち

遠投は100m、50m走は5秒9、高校通算14本塁打と、今大会でも注目の俊足強打の選手です。

1年生の春、つまり入学してすぐに部員130人の中から1番打者としてレギュラー入りしました!

中学生の時には「神戸ドラゴンズ」に所属して活躍し、中学生の時から実力が注目されていて、高校進学の際にはなんと30校近い高校からの勧誘があったそうです。

明石商業高校に進学するのを決めたのは、明石商業高校の野球部に所属したお兄さんが高校3年生の最後の夏の県大会決勝で敗れたのをスタンドから見て、お兄さんの悔しさを何とかしたいという意味もあったからだそうです。

下の写真は、神戸ドラゴンズの同僚、森口龍希選手(向かって右)と。

【追記 2019/3/31】 準々決勝、和歌山智辯高校との試合、3対3の同点で迎えた9回の裏、来田涼斗選手のホームランで、サヨナラ勝ち!

この試合、来田涼斗選手はなんと2本目のホームラン!

🌸武岡龍世選手(八戸学院光星高校)

出典:https://twitter.com/gari_wasabi

読み方たけおか りゅうせい
生年月日2001年5月28日(17歳)
出身地徳島県吉野川市
出身校吉野川市立鴨島第一中学校
 ⇒ 八戸学院光星高校
身長・体重178cm、70kg
ポジションショート
投打右投げ/左打ち

小さいときはサッカー少年でしたが、野球をしてみると面白くなってそのまま野球をすることに。

小学6年生の時から「徳島ホークス」で活躍し、中学生の時には全国優勝の経験もあります。

また、50m走5秒9の俊足で、中学生の時は陸上部にも所属し、100m走で県大会2位になったこともあります。

巨人軍の坂本勇人選手の大ファンで、徳島から青森県の八戸学院光星高校に進学したのは、坂本勇人選手の母校だからだそうです。

坂本勇人選手の体格に似ていることやショートのポジションであることから、「坂本2世」とも言われています。

八戸学院光星高校に1年生として入学した直後からショートのポジションでレギュラー入りしました。

(この点は、明石商業高校の来田涼斗選手と似ていますね♫)

2018年秋の公式戦10試合で打率4割5分7厘で、チームの16盗塁のうち8盗塁を成功させました。

主将として、チームの精神的・技術的柱として頼られている存在です。

【追記   2019/3/31】 広島の広陵高校に初戦で破れましたが、武岡龍世選手の守備や打撃について、プロ野球のスカウトからはかなりの高評価が出たようですよ♫

 

まとめ

今回は、第91回選抜高校野球大会に出場する選手たちの中からイケメンと評判の選手について、「センバツ高校野球2019のイケメン選手は誰だ?画像やエピソードも」と題して調べてきましたが、いかがだったでしょうか?

この他にもイケメン選手がいると思いますが、ご存知でしたら、教えてくださいね。

いつ見ても感動を覚える高校野球ですが、今大会でもいろいろな物語が生まれていくのでしょうね。

🌸最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

🌸「森敬斗(桐蔭学園)は強肩のイケメン主将!大学進学やドラフト評価は?」の記事もどうぞ♬

🌸「奥川恭伸(星稜)は笑顔が可愛いイケメン投手!彼女やドラフト評価も」の記事もどうぞ